コピ ルアク コーヒー豆のこと

みなさんは、「コピ・ルアク」というコーヒー豆をご存じだろうか?
「コピ・ルアク」という言葉は映画「かもめ食堂」をご覧になった方はご存じだと思いますが・・・。

a0221215_23552289.jpg


コピ・ルアクはインドネシアで採取されている幻のコーヒー豆といわれているものだ。フィリピンでも採取されているが「アラミド・コーヒー」と呼ばれ、コピ・ルアクよりも高値で取り引きされている。

インドネシアではロブスタ種のコーヒー豆が中心に栽培されていて、ジャコウネコがそれを食べ、未消化のコーヒー豆(種子)はそのまま排泄され、その糞の中からコーヒー豆を取り出し、きれいに洗って、よく乾燥させた後、高温で焙煎する。コピ・ルアクは、独特な香味を持つと言われており、その香りが飛ばないよう浅煎りにすることが多い。ジャコウネコ腸内の酵素の働きや腸内細菌による発酵によって、コーヒーに独特の香味が加わるそうだ。

そんなこんなで、世界で最も高価なコーヒーといわれていて、100グラム4000円~5000円くらいで販売されている。とある高級ホテルでは、一杯のコピ・ルアクコーヒーが3000円で提供されているとか…。これはちょっと高すぎると思うけど…。(+_+)

たまたまジャカルタのカフェに入ったら、コピ・ルアクが飲めるというので、「えー!幻のコーヒーが飲めるの!?」と興奮して注文した。
小さなサイフォンで丁寧に淹れてもらった初めて飲むコピ・ルアク…。

う~ん、、、美味しかった。

脳天にまで香りが届くような、なんというか、口の中から頭全体にふわ~っと酔ったような感覚
が広がるというか…そんな感じ。
味はさっぱりしているのに、不思議なコク。好きな味だった。

a0221215_235632.jpg

この豆を少しだけ購入できたので、ロジの木でも限定8杯くらいをご提供できるように
したいと思っています。一杯の価格は、なるべくお安くしたいのですが、とにかく普通の豆の
10倍以上の価格なので、決まりましたらここでお知らせいたしますね。
[PR]
by rojinoki | 2013-01-04 23:53 | お知らせ | Comments(0)
<< 日々くらし 1月5日(土) 初詣  日々くらし 1月3日(木) >>