信じる者は…

生命力ってすばらしいですね。
信じれば、力も湧いてくるし
奇跡に近いことも起こってくるのかもしれません。

もう2度とベッドから起き上がれないだろうと、誰もが思っていた状態から
父は信じられないような力を発揮しつつあります。

毎日ちょっとずつリハビリをさせてくださる専門のスタッフの方に勇気づけられて、
父は頑張っています。
家に帰りたい一心で、重いお腹をさすりながら、一生懸命歩こうとしていました。
わーすごいね!歩けたね!というと、少しひきつったような嬉しそうな?表情になります。
そして、なんと今日は階段を2段、登れました。
そのあとは、ちょっと疲れた様子で、今日のリハビリは終了となりましたが、
看護師さんもびっくりするような頑張りようです。

動作ひとつするたびに、丁寧に血圧を測りながら優しく指導してくださる
リハビリの先生にはあたまが下がる思いです。
どんな状態にあっても、諦めない。
その前向きな二人の姿に感動し、つい写真撮ってしまいました(^_^;)

a0221215_217342.jpg
a0221215_2163557.jpg

[PR]
by rojinoki | 2013-04-26 21:07 | 日々くらし(ある日のこと) | Comments(2)
Commented at 2013-04-27 11:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rojinoki at 2013-04-28 19:54
まっちゃん、ありがとうございます!
やっぱり、私たちの年頃の人はみんな同じような体調に悩まされているみたいで、子供の自立と親の介護などいろんなことが重なるとひどくなるみたいよ…。睡眠不足は特に大敵!!
まっちゃん、お仕事忙しそうだけど、どうか無理しないでね。
身体を壊したら本当に大変だから、お互いに大事にしようね。

父のこと、ありがとう。主治医の先生も驚くほどの回復ぶりで
人のカラダの神秘を感じます。このまま爆弾が破裂しないことを祈りながら1日でも長く過ごしてほしいな、と思っています。
<< 仲良しワンコ 個人カフェ >>