犬と私

インコ雑貨の店ではありますが、ワンコのお話しをさせていただきます。
何度かこのブログにも登場してきたワンコなので、
ああ、あのワンちゃんね~、という感じかと思います。

ブリーダーに放棄されて瀕死状態だったワンコを
我が家に迎えて3年8ヶ月。

うちに来たばかりの頃(小さい方です)
a0221215_00533201.jpg
既に9歳くらいでしたが、今までお散歩してもらったことがなく、
最初は怖くて一歩も外を歩くことができませんでした。
抱っこされるのもいやがりました。

でも一歩ずつ散歩の距離を伸ばしていき、先住ワンコと出かけるうち、
1か月後には普通にお散歩できるまでになっていました。
その後、新幹線で関西へ一緒に旅行したり、
震災後に福島旅行したり、伊豆へも行き、車での旅行にも慣れ、
今年は兵庫県ですてきなペンションにも泊まってポーズ♪
a0221215_00552589.jpg
a0221215_00532385.jpg
今ではすっかりカメラ目線バッチリになりました!

でも3年前に腸リンパ管拡張症という病気を発症し、
常に病気との闘いの日々ではありました。
食事療法とステロイド薬治療でいままで元気に過ごしておりましたが、
とうとう
今月に入ってから薬が効かなくなり、食事療法のみとなりました。
年齢が13歳~14歳ということもあり、
動物病院へ入院はさせないで、最後の日々は安心できる
自宅で過ごしてほしいと思い、今に至っております。
a0221215_01033733.jpg
やはり、飼い主のそばが一番。
家にいる時はずっと私のそばを離れません。
歩いては倒れ、歩いては倒れ、を繰り返しながらも
後を追ってくる様子には参りました…。
毎日帰宅したら息をしていないんじゃないかと冷や冷やしながら
玄関のドアを開けると、今まで通り、全力を振り絞り、
ジャンプして迎えてくれます。すぐにバタッと倒れるので、
だめだめ!ジャンプしないで~と叫んでしまいます。
食いしん坊なのに、食べられなくなって6日が経ちました。
日に日に弱ってくる小さな体を温めながら、
今日も一緒に寝る時間を楽しみにしてくれています。
a0221215_01033247.jpg
いままで沢山仔犬を生んで、体を酷使してきたブリーダー犬。
もう、頑張らなくて、いいからね。。。
ゆっくり、おやすみ。
でも、明日の朝には目を開けて欲しいと願うのでした。



















[PR]
by rojinoki | 2014-12-17 23:41 | 日々くらし(ある日のこと) | Comments(0)
<< 本年の営業は今日と明日の2日間... 今年最後のお昼営業!16日(火... >>