京都河原町「志る幸」さんの白味噌汁

a0221215_13542106.jpg

朝、ごみを出しに行こうと玄関を出たら…
目の前の田園風景が朝もやに包まれていた。
篠山のような盆地では、上空の冷気と畑から出る
湿気を含んだ空気との気温差でよくあることなのだそう。
私にとってはあまりにも幻想的な景色だったので
写真を撮っていたら不思議がられた。

a0221215_14004594.jpg
庭の畑工事もあと1日で終了ということで
信頼できる庭師の方にお任せして家を出た。

a0221215_14131459.jpg
向かう先は前から行ってみたかった
京都の老舗「志る幸」さん。
~ただ一杯の汁に おもてなしの気持ちを込めた
日本古来の美風こそ「志る幸」の心~
と書いてあります。素敵♡
a0221215_14013160.jpg

お店は四条河原町の味わい深い路地裏に。

人気の利久辨當(りきゅうべんとう)と
本場の白味噌汁をいただきました。
白味噌汁のまろやかさとコクはやはり美味しい!
そして、わけぎの辛子白味噌合えも絶品でした。
あらためて甘口白味噌のファンになりました。

篠山からの帰り道、必ず京都を通るので
ちょっと寄り道できるのが嬉しい。
今回は「志る幸」さんの後、三十三間堂へ行きたくなり、
地下鉄で七条まで移動して35年ぶりに
「十一面千手千眼観世音像」を拝観しました。

a0221215_14022974.jpg

1001体のご本尊様が規則正しく並ばれている景色は
若い頃に見た時よりも心に迫るものがありました。

a0221215_14071646.jpg

三十三間堂の和庭園の河津桜が見頃でした♪

a0221215_14020609.jpg

四条大橋から見る鴨川。
ほんの2時間の京都ぶらり旅でした。


[PR]
by rojinoki | 2017-03-18 14:41 | 味噌・発酵・地方旅 | Comments(0)
<< 3月営業日変更のおしらせです。 丹波篠山へ ~小さな夢作り準備~ >>